「雨の季節」





    一人窓辺に佇んでみれば
    君を見つけた時が甦るよ

    ほらそこに立って笑ってた
    無邪気な君のエンジェル・フェイス

    時の流れが止まるように
    必死になって祈ってた

    声をかけると消えそうで
    夢だったと終わりそうで

    雨の間に間に君を探す
    後悔を消す為に

    雨の季節に出会った
    今度は声をかける為に

    君に  君に  君に  君に



    雨が止んで青空が見えて
    君を見つけた時が消えてしまうよ

    ほらそこにあった幸せの
    イリュージョン  エンジェル・フェイス消えるよ

    時の流れは他人顔
    俺を独り取り残して

    君を探す手がかりが
    ないとサラリと過ぎてくよ

    雨の間に間に見た彼女の
    姿もう一度だけ

    雨の季節よ奇跡起こせよ
    会いたいあの場所で

    君に  君に  君に  君に